読売新聞の「政(まつりごと)なび」について #佐賀県知事選 #たけお問題

読売新聞 2015年2月12日の朝刊4面に「政(まつりごと)なび ネット選挙 もろ刃の剣」という囲み記事が掲載されました。たけおクラスタ界隈では私も含めて読売新聞は何様ぞ、という反応…

記事の前半は自民党本部が都道府県連に配布した「ネット活用マニュアル」について、選挙活動でのネット利用が本格化してきたという解説。この記事の問題は中盤から。

佐賀県知事選についての考察に入るまえの段落で、ネットのメリット・デメリットに言及。

 ただ、ネットは、自分の考えを多くの人とやり取りしやすい反面、匿名による攻撃的な反応も集まりやすく、「もろ刃の剣」の性格も持つ。

~読売新聞2015/2/12朝刊「政(まつりごと)なび」より~

記事のサブタイトル「もろ刃の剣」のキーワードを入れて「匿名」「攻撃的」と言ったデメリットを強調する流れに持って行く。

続いて、2015年1月の佐賀県知事選について言及。

 1月の佐賀県知事選では、破れた与党推薦候補について、過去の言動を感情的に批判する「落選運動」がネット上で展開。「敗因の一つではないか」との見方も出た。
~同記事より~

破れた与党推薦候補は前武雄市長の樋渡啓祐氏に他ならないが、読売新聞がいう「過去の言動を感情的に批判」とはどういう落選運動をいうのでしょうか?

今回の佐賀県知事選で主だったいわゆる「落選運動」を挙げてみます。

なんと言っても一番は @nojimage さんのノーモア樋渡こと「あなたは樋渡啓祐を佐賀県知事に選びますか?」でしょう。

ノーモア樋渡

ノーモア樋渡の内容は、過去の樋渡氏の過去の言動や、情報公開請求で得られた確定情報を元に淡々と事実を述べているだけです。しかも、全てが「県知事に選んで大丈夫?」という問いかけであって、感情的な訴えではありません。有権者一人一人がちゃんと候補者選びをしましょうというスタンスでしょう。

次に、各候補のネット戦略について比較した @nukalumix さんの「【佐賀県知事選】各候補のネット戦略を比べてみたら – 高圧☆洗浄機

高圧☆洗浄機

この記事は、4候補のネット選挙戦略について客観的に比較検討した内容です。各候補が公式Web・SNS等を程度活用できているか論じているだけで、こちらも感情的とは言えないでしょう。

続いてたけおクラスタの論客 @keikuma さんの新佐賀県知事に経済と雇用を期待する方に知って頂きたいこと – サーバ管理者日誌

サーバ管理者日記

こちらは、樋渡氏が自ら実績としてPRしていた「市民病院民営化」「武雄市図書館」「花まる学園」についての検証記事です。内容は樋渡氏が行ってきた施策に対しての批判ですが、新聞報道や議会議事録・中継ビデオなどのソースを元に、論理的に問題点を指摘しており、感情的な部分など該当はありません。

他にも、ブログで樋渡氏を批判する記事はいくつもありますが、いずれも過去の樋渡氏の発言や施策についての検証であり、感情的に無責任な立場で書かれたものを探すほうが大変です。

Twitterでは一部、樋渡氏の選挙ポスターのひどさを揶揄するような発言や、過去の施策への批判を大喜利的に挙げてみたりはありましたが、前者は率直な感想でもあり後者はやはり情報公開請求等の振り返りであり、読売新聞がいうような「感情的な批判」とは大きくことなるのではないでしょうか。

「政(まつりごと)なび」の記事はこう続きます

 ネット選挙導入により、有権者が選挙期間中、候補者や政策に触れる機会は大幅に増えた。こうした動きを感情的な批判でなく、建設的な意見のやり取りにどうつなげるのか。
~同記事より~

読売新聞のいうネット選挙というのは、政党や候補者がネットで政策をアピールすることであって、各候補者や政党の政策について有権者がネット上で議論することを「感情的」と決めつけてはいないでしょうか?

先に挙げた3つの「落選運動」については、過去の樋渡氏の施策や言動をソースを提示、論理的に批判、公平に比較であって何ら感情的ではありません。

政党・候補者の工夫はもちろん、有権者も問われる課題と言えそうだ。
(高橋宏平)

~同記事より~

最後に酔っ払った勢いでの私のツイートの中からマシなのを貼っておきましょうw


そうそう追記追記。 この「政(まつりごと)なび ネット選挙 もろ刃の剣」はネット選挙に関わる記事にも関わらず、読売新聞のWebサイトには掲載されていませんでした。 YOMIURI ONLINE サイト内検索 「ネット選挙」  


さらに追記 読売新聞のWebサイトにご意見おくってみました。  


またまた追記。「政(まつりごと)なび」について @senryoAIIT さんがブログを書かれたのであわせてどうぞ。